So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

CD-63 (Marantz) 1982年 [オーディオ機器]

アナログ機をも意識したマランツのCDプレーヤーの初号機。 
DSC00575.JPG
ヨーロッパではフィリップスCD-100として販売されていた。評価が高かったピックアップユニットCDM-1と14ビットDACの傑作TDA-1540を採用していたなど特徴のあるデバイス。 
DSC00524.JPG

デザイン的には初号機の中では唯一上部からのディスクを挿入する方式 
DSC00522.JPG

イジェクトボタンを押すとトレイが跳ね上がりディスクを挿入するためレコードプレヤーを意識した感じでのデザインです。 
DSC00533.JPGDSC00573.JPG

上部の窓からディスクが回転しているのが見ながら曲を聴くのもいいものです。 
DSC00574.JPGDSC00550.JPG

サイズは各社初号機だけあり集積化が進んでおらずかなり大きい筐体がある中、幅320×72×262(幅、高さ、奥行き)はソニーのCDP-101と同様に非常にコンパクト。 
DSC00526.JPG

正面右側が操作パネル。沢山ボタンがある国産機と違いシンプルで操作し易い。 
DSC00536.JPGDSC00553.JPG

正面パネルはシンプルでディスクに入っている曲数表示(15曲まで)がLED表示される。 
DSC00528.JPGDSC00529.JPG

そして選曲ボタンを押して聞きたいLEDのところを選ぶとディスクを一曲ずつサーチしていく。 
DSC00551.JPG

側面部。内部パーツの集積化の為、非常に当時としてはコンパクト。 
DSC00542.JPGDSC00543.JPG

背部、出力は1系統のみ。 
DSC00545.JPGDSC00546.JPG

本体スペックは
周波数特性:20Hz~20kHz
サンプリング周波数:44.1kHz
出力:出力:2.0V  
ダイナミック・レンジ:90dB以上 
全高調波歪率:0.005%
消費電力:30W 
外形寸法: 320W×74H×262D
重量:5kg
DSC00556.JPG

初号機の中でもコンパクトだったCDP-101と並べてみました。 
DSC00560.JPG

CDP-101は高音が目立ち現在の機器と比べると中低音やや見劣りしますがCD-63はややアナログに近い音質でまた違った味わいです。 
DSC00566.JPG

DACはフィリップス独自仕様の14ビットでしたがDACが14bitであっても、ノイズシェイパーと音楽重視のオーバーサンプリングのために16bit相当の精度が出たと言われています。当時の考え方の1つとして「デジタルでは音質に差が出ない」これは本機はある意味覆したデバイスでした。 549
DSC00549.JPG

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0