So-net無料ブログ作成
検索選択

MPC-GX1 (PIONEER) 1995年  [Mac]

1度はいじってみたかったPIONEER製のMAC互換機。HDDと内蔵電池を交換して機能的には復活しましたがボディがこのように醜い。 
DSC00856.JPG
2週間ほど過酸化水素に漬けてみました。 
DSC00857.JPG

ある程度の白さまで復活。 
DSC05422.JPG

手前のスピーカーカバーは鉄製だったので2週間も漬けておいたら酸化が進み復旧がたいへんでした。 
DSC05424.JPG

MPCはMultimedia Personal Computerの略で当時のPCの内蔵スピーカーは簡易的なものが多く、本格的な音響効果があるものはなく本機はその中でも本格的なアンプとスピーカーを内蔵してました。 
DSC05425.JPG

本体上部にはPIONEERのロゴ刻印。キーボードのボタンはまだ手つかず。 
DSC05426.JPG

デバイス的には当時のPower Macintosh 6100/66AV相当であり、十分なスペックを持っており、本格的なサブウーファー内蔵のスピーカーは圧巻です。 
DSC05427.JPG

正面中央にはパイオニア製CD-ROMドライブSCSI)を配置。 
DSC05431.JPG

その下には音声ボリューム(1つ欠損)があり音量調整するには便利。その奥がサブウーファーが内蔵されています。 
DSC05434.JPG

OSのインストールはOS8.0と8.6、そして9.0をインストールしてみましたが9.0は重くて現実的ではなく、8.6はそれほどストレスがありませんが結局OS8.0にしました。 
DSC05437.JPG

背部です。AV機器メーカーが作っただけあり標準でAVボードが装備されていて、また電源も十分なキャパがあります。(背部の黄ばみはそれほどひどくないので省略) 
DSC05439.JPGDSC05441.JPG

本体スペックは
CPU::標準 PowerPC601/80MHz FPU内蔵(32KB)
2次キャッシュ:256KB
メモリ:136MB(オンボード8MB+64MB×2) 現行40MB
ハードディスク:Apple純正2GB SCSI(ナロー50pin) Seagete Model ST32151N 現行4GB
CD-ROMドライブ:PIONEER DR-506S SCSI 36倍速スロットイン
キーボード:PIONEER純正MPC-KB2
 (メカニカルキーボード)
マ ウ ス:Apple純正Apple Bus
DSC05430.JPG

この時代(1995年)はパイオニア以外もMAC互換機は何種類かは発売されていましたが本機ほど音響に特化した互換機はなく、非常に特徴的でした。その後Appleの方針転換により互換機路線が変更されてしまいましたがパイオニアのような独自の個性的なMAC互換が歴史の中に消えてしまってることは残念です。
DSC05443.JPG


関連文章 PIONEER MPC-GX1 1995年 修理編
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。