So-net無料ブログ作成
検索選択

PIONEER MPC-GX1 1995年 修理編 [Mac]

PowerMacと互換のある音響メーカーPIONEERが音響にこだわって作ったMacintosh互換機 
DSC00592.JPG
以前ヤフオクでかなり状態が良くない感じのものでしたが安価(3,000円)で購入したまま放置してしまっていたものです。
DSC00588.JPG

改めて見てみるとなかり黄ばみが激しい。 
DSC00591.JPG

まずは起動するのかの確認。想定はしていましたがHDDは逝ってしまっている模様。しかもこの時代はSCSIタイプのHDD。 
DSC00590.JPG

ボディを外してみました。HDDは本体正面左側にありました。 
DSC00595.JPG

間違って先にHDDの背部にあるAVボードを外してしまいましたがHDDの取り外しには関係なかったです。 
DSC00597.JPG

当然ですがApple純正の3.5inchのHDDはあるわけがなく、BUFFALO製外付けSCSIのHDDを流用しました。そのままでは認識しないので他のoldMacを使ってB’sCrewでフォーマット。 599
DSC00599.JPG

HDDは正面左のスピーカー上部から取り外せます。 
DSC00766.JPG

取り外しは比較的簡単。  
DSC00768.JPG

HDDを入れ替えてOS8をインストールしてみます。HDDは認識している模様。 
DSC00769.JPGDSC00770.JPG

待つこと20分でインストール完了。OS8.6も試してみましたがOS8.0がこのデバイスには丁度いい感じです。 
DSC00772.JPGDSC00773.JPGDSC00777.JPG

PIONEERが作っただけスピーカーを鳴らせてみるのがたのしみです。 
DSC00775.JPG

音楽用CDを挿入してみます。
DSC00779.JPG

やはりPIONEER製のスーパーウーファー付ステレオスピーカは迫力満点です。 
DSC00788.JPGDSC00786.JPG

本機は正面左側にHDD、真ん中にPIONEER製CD-ROMドライブ、右側にフロッピードライブが搭載されている仕様です。 
DSC00789.JPGDSC00790.JPGDSC00791.JPG

電源は貧弱な6100AVよりかなり容量があるものです。 
DSC00792.JPG

本体の修理はできましたがこのまま保存するにはあまりにも醜いため時間がかかりそうですが黄ばみを取り除いていこうと思います。完成できたら報告します。
DSC00852.JPG

nice!(1)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 1

コメント 4

構造解析2

以前LD-7000でお邪魔した構造解析2でございます。

GX-1ですか。ハイ、CLD-PC10とセットで使用しておりました。CLD-9000+PX-7のように「制御感」に乏しいのが難点でした。OS8でLDVisionは動くんでしょうか?

ついでながらベータデッキの「VX-9」も物置部屋で休眠中です。いやぁ、夢のある時代でした。
by 構造解析2 (2017-05-03 21:11) 

Lancelot

CLD-PC10とセットですか。たしかデザインも統一されていたような記憶があります。GX-1とLDとは接続を試していません。現在黄ばみを落としている最中です。なかなか落ちません。
久しぶりにPX-7を出してきてLDゲーム動かそうと思ったらケーブルがなくて現在作成しています。PX-7+LDPlayerは当時はPXがアクセス制御まででき面白いデバイスでした。
PIONEER製のVX-9。珍しいデバイスをお持ちですね。是非復活させてください。
by Lancelot (2017-05-05 18:32) 

ESC津山

これは懐かしい、久々に見ました。
by ESC津山 (2017-05-06 11:18) 

Lancelot

PIONEER製のMac互換機はなかなか見かける機会が少なくなり劣化もありメンテは大変そうです。私も結局HDD、CD-ROM,FDを入れ替える羽目になりました。特にSCSIデバイスは少なくなりました。ボディの黄ばみがなかなか落ちません。
by Lancelot (2017-05-06 17:42) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL: