So-net無料ブログ作成

DIGITAL HiNote Ultra 475CT (DEC) 1995年 [Note_PC]

ここから薄型PCの歴史が始まった。
DSC04768.JPG
当時、このPCを見たときは国産PCにはない質の高いデザインと薄さに驚愕しました。
DSC04756.JPG

しかしながらその代償?というべきかこの薄型ハイエンドノートは558,000円という価格で1台軽自動車が買えるものでした。
DSC04740.JPG

スリムな本体にFDユニットを装着するスタイル。
DSC04741.JPGDSC04743.JPG

脱着式のFDユニットも本体のデザインにマッチした構造。 
DSC04744.JPG

本体も非常にスリムでクローズ時も国産PCにはない質感がありました。 
DSC04746.JPG

液晶もDSTNのようなコストダウンしたものではなくTFTカラー液晶(640×480)を搭載していました。 
DSC04751.JPG

ポインティングデバイスはトラックボール。これはかなり使いやすかった。 
DSC04753.JPGDSC04754.JPG

キーボードはその薄さが影響してかペラペラでかなりチープなものでキーピッチは18mm、キーストロークは3mmですがそれなりに使えます。
DSC04771.JPG

正面左側。電源スイッチとPCMCIAスロット。
DSC04757.JPG

デザイン的にはバッテリーとヒンジ部分のデザインが特徴で後のVAIOコンセプトにも反映されているような洗練されたデザインでした。 
DSC04760.JPG

ヒンジ部とバッテリー部。この有機的なデザインが私は好きです。 
DSC04761.JPGDSC04762.JPG

背部は各種インターフェース(VGA、RS232C、シリアル等)が配置されカバーでデザイン性も高い。 
DSC04764.JPGDSC04765.JPG

右側は電源コネクター、PS/2端子、スピーカー/マイク、赤外線ポートを装備。 
DSC04766.JPG

液晶部右側には各種インジケーター表示用の液晶パネル。 
DSC04769.JPGDSC04774.JPG

電源を入れてみます。発売が94年の為、OSはWindows3.1(MS-DOS 6.2) 
DSC04773.JPGDSC04776.JPG

初期型はCPUがIntel 486DX4(75MHz)でメモリは24MBに増設されています。
DSC04778.JPG

当時のブラウジングはNetscapeが主流でした。 
DSC04779.JPG

私がよく使っていた予定表。ロータースのオーガナイザー。 
DSC04781.JPGDSC04786.JPG

本体スペックは
CPU:Intel486DX4(75MHz)
RAM:標準8MB(最大24MB)、SIMMソケット2ヶ
FDD:3.5"着脱式
HDD:528MB
液晶:11.3"TFTカラー液晶(バックライト付) 
- グラフィックチップ:C&T 65548
ビデオメモリ:1MB
解像度:SVGA(800×600)
表示色数:65,536色
PCMCIAスロット:TYPE II×2、TYPE III×1
サイズ:28.0×21.6×3.05(W×D×H)
重量:1.8kg(本体+バッテリパック)
DSC04747.JPG

当時このようなスペックのPCは3年後のVAIO505シリーズが発売されるまで存在しなく、ハイスペックで薄型/軽量。特に本体厚が3センチで2kg以下というスペックは衝撃的でした。 
DSC04790.JPG

このようなワクワクするようなデバイス。最近なかなか登場しないのが残念です。 
DSC04792.JPG

nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 1

コメント 2

yasuho

DEC HiNote Ultra / Ultra IIを使ってました。このデザインと使いやすいキーボード/トラックボールに惚れ込んで、長く使ってましたね。メーカもまたこのようなワクワクするノートPCを出して欲しいものです。

by yasuho (2017-03-07 08:04) 

Lancelot

yasuhoさん、こんにちは。
HiNoteのような高価でも無理して欲しいというPCが本当に少なくなったのが残念です。
by Lancelot (2017-03-07 17:28) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0