So-net無料ブログ作成

Nakamichi RX-202 1983年 標準価格109,800円 [オーディオ機器]

カセット自体が反転する「ユニディレクショナル・オートリバースメカニズム」を搭載したカセットデッキ。 
DSC04732.JPG


本機は2ヘッド・シン グルキャプスタンのリバース機。 
DSC04715.JPG

正面から見るとカセットデッキ自体を回転させるために中央がなかり出っ張っています。 
DSC04717.JPG

イジェクトするとトレイ部が手前にローディングします。 
DSC04733.JPG

通常はヘッド自体を回転させていますがリバース時のアジマスズレを解消する為の画期的な?メカ構造。 
DSC04711.JPG

カセットを挿入するとこんな感じです。 
DSC04706.JPG

今までのリバース機はヘッドを回転させることによりA面とB面を聞くことができましたがヘッドとテープ走行位置とに微妙な位置ズレが出て音質に影響を与えるという問題がありこの為にカセットハーフを回転させるという逆転の発想で実現したリバース構造。 
DSC04708.JPG

A面が終わるとテープごとカセットホルダーが出てきて、そのままカセット自身が反転しホルダーが本体に収まります。 
DSC04709.JPGDSC07407.JPG

音質(低重音のある)にこだわりのあるナカミチだからできたデッキでした。
DSC04716.JPG

フロントフェイスはナカミチらしい多くのスイッチが機能ごとに整理されているデザイン。 
DSC04707.JPG

基本的な操作系は左側に配置されています。下部のスイッチはフェード(in,out)ボタンです。 
DSC04703.JPG

背部になります。端子数は少なく入出力が各1系統のみ。 
DSC04738.JPGDSC04739.JPG

本体スペックは
録音:1
再生:1
レベルメーター:LED(-40~+10dB)
モーター:PLLサーボ、周波数分散型ダブルキャプスタン
SN比:BタイプNR ON  64dB以上 CタイプNR ON  70dB以上
周波数特性20Hz~20kHz±3dB EX(TYPEⅠ),SX(TYPEⅡ),ZX(TYPEⅣ)共通
歪率(400Hz,0dB,ZXテープ):0.9%以下
ワウ・フラッター:0.04%以下
電源電圧 AC100V、50Hz/60Hz
外形寸法:450(巾)×144(高さ)×300(奥行)mm
重量:約10kg
DSC04723.JPG

ナカミチのこだわりはリバースデッキをなかなか発売しませんでした。有名なDRAGONでさえ再生のみのオートリバースでした。したがって本機がナカミチ初の録音再生オートリバースデッキでかつヘッドを回転させる方式がメジャーの中あえてカセットを反転させることによりアジマスの偏差にを極端に嫌ったものでした。そのこだわりがこのようなデッキを誕生させたのだと思います。
DSC04730.JPG


関連記事 カセットデッキ(Audio)
nice!(2)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 2

コメント 2

くまタンク

( `(ェ)´ ) Lancelotさん、お久しぶりでございまうす!

このデッキ、ファンの間で人気という事を知りました~。

カセットっていうメディアって面白いですよね!
MDの次に好きなメディアです!

PS.お仕事が忙しくってコメント出来ませんでした~!
by くまタンク (2017-03-10 01:24) 

Lancelot

くまタンクさん

こんにちは。カセットもいいですよ。仕事頑張ってー。
by Lancelot (2017-03-10 11:18) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0