So-net無料ブログ作成
検索選択

HR-D725  (Victor)  1983年 [映像機器]

VHS初のHi-Fi初号機で当時Vicotorのフラッグシップ機。 
DSC09802.JPG
これまで音声トラックはモノラル音声でしたが本機からVHSビデオの音質が格段に向上した一台。デザインもビデオデッキライクのデザインからオーディオを意識したデザインとなりオーディオ類と一緒に設置しても違和感がありませんでした。 
DSC09808.JPG

音声はHi-Fi音声専用回転ヘッドを搭載、ノーマル音声トラックのステレオ化により従来録音との互換も確保していました。 
DSC09813.JPG

またノーマル音声のノイズ軽減にはドルビーNRを搭載しています。 
DSC09828.JPG

映像はエクストラ4ヘッドにより標準・3倍とも高画質化されさらにスローモーション、シャトルサーチなどの正・逆可変サーチができました。特にスポーツシーンにはよく利用した記憶があります。 
DSC09850.JPG

前面の操作系のボタンはフラットなデザインで使い勝っても悪くありません。 
DSC09820.JPGDSC09814.JPG

レベルメーターと表示部。REC LEVELスイッチノイズを拾ってしまうのが欠点。 
DSC09821.JPGDSC09838.JPG

下部のパネルを開けると各種スイッチ類が格納されています。
DSC09822.JPG

右側にはスライド式のパネルがあります。 
DSC09823.JPG

編集用ではなくあくまで設定用のスイッチ類です。 
DSC09824.JPGDSC09826.JPG

背部です。
DSC09831.JPG

映像/音声端子。オーディオ専用端子(Hi-Fi)がありアンプと接続するためです。
DSC09833.JPG

ノーマルのVHSテープ(未使用)でDVDPlayer(DV-S5)からDVDをダビングしてみました。 
DSC09834.JPGDSC09842.JPG

30年経過していますがヘッドはしっかりと記録してくれます。 
DSC09846.JPGDSC09844.JPG

DV-S5の映像。
DSC09893.JPGDSC09894.JPG

HR-D725の映像 
DSC09908.JPGDSC09909.JPG

HQでもSVHSでもない標準仕様ですが当時は高画質でした。 
DSC09896.JPG

内部です。不具合は今のところありません。かなりぎっしりと詰まっています。 
DSC09793.JPGDSC09794.JPG

ヘッド部。 
DSC09796.JPG

久しぶりにHR-D725を動かしましたがとても懐かしく当時中学生でしたが親にVHSテープのテープを買ってもらいひたすらエアチェックした思い出が蘇りました。当時のVictorはVHS開発メーカーとして非常に輝いていた時期でした。現在日本ビクターはなくなってしまいましたがこのようなこだわりと物量をしっかり投入した機器をまた作ってもらいたいものです。 
DSC09800.JPG

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL: