So-net無料ブログ作成

HC-20 (EPSON) 1982年 [Note_PC]

HC-20 (EPSON) 1982年 標準価格 136,800円

本機は、EPSONが発売したハンドヘルドコンピューターで本体にBASICが内蔵されていました。
当時のノートPCはどれも持ち運びには重く、大きすぎたが本機はA4サイズで1.6Kgでバッテリー
も長持ちしたことから持ち運びが可能なPCとして人気が出ました。
保存には市販のマイクロカセットが使用できプログラムの保存、読み込みが可能でありました
DSC04552.JPG
DSC04556.JPG

電源を入れるとMONITORとBASICが現れます。
2を選択するとEPSON Basicが起動します。
DSC04581.JPGDSC04584.JPG

簡単なベンチマークです。MZ2000の紹介から始めました。
5 TI$="000000"
10 A=0
20 For I=1 to 10000
30 A=A+1
40 NEXT I
50 PRINT A
60 PRINT TI$ 

1分35秒かかりました。かなり遅いです。

MZ-2000   26秒 Z80A(4MHz)
HC-20  1分35秒 日立製 6301 614kHz
DSC04586.JPGDSC04587.JPG

本体左にドットプリンターを装備(今でも動きます)。中央にディズプレイ(テキスト20桁×4行)、右に記録用のマイクロカセットドライブ。
キーボードは比較的打ちやすいです。
DSC04560.JPGDSC04562.JPGDSC04561.JPGDSC04589.JPG

後部は RS-232C、シリアル端子と電源。
DSC04568.JPGDSC04572.JPGDSC04569.JPGDSC04576.JPG

本体スペックは日立製 6301 614kHz(モトローラ 6800互換) デュアルCPU構成
メモリ: ROM:32Kバイト(標準) 最大40KバイトRAM:16Kバイト
キーボード:タイプライタ型 68キー
液晶表示部: テキスト20桁×4行文字フォント:5×7ピクセル
グラフィック:120×32ピクセル
プリンター:24ドット インパクトドットマトリクス方式
拡張インタフェイス:カートリッジ、オーディオカセット、バーコードリーダー RS-232C、シリアル
電源:内蔵ニッケルカドミウム電池、ACアダプタ (100V)
外形寸法:(W)290×(D)215×(H)44mm
重量:約1.6kg
マイクロカセットドライブは別売(25,800円)
DSC04596.JPGDSC04601.JPG


同種のPC-8201と並べ見ました。液晶サイズのハンディはありますがサイズ的にはコンパクトです。
DSC04607.JPGDSC04609.JPGDSC04613.JPG

当時は、バッテリー(ニッケルカドミウム)により50時間使用が可能でした。今のPCでは
50時間は無理なので本当の意味でのモバイルPCの先駆けでした。
DSC04616.JPG

nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 2

tachinon

HC20出てすぐ買いました。多分仙台で1-2番目位に早いといわれました。マイクロカセットもつけて、そのほかに、ディスプレイコントローラーも買いました。2000年問題で、エラーになりましが、機械語で修正可能でした。
今はね液晶パネルが壊れてて、ディスプレイコントローラーのケーブルを紛失したため画像でません。・・マニュアルに配線図あったので、作ることは可能かと・・Din4ピンと5ピンだつたかと・・・でディスプレイコントローラーのRomのキャラクタが本体と一部違っていて、文字化けしたので、営業所にもって行ったら(営業所でも知識がないので)「そういう造りになってます」なんて意味のわからない答えでした。
つなげるブリンダがRS232Cのシリアルのみなので、結局買えませんでした。フローピーも20万位しましたので買えませんでした。 仕事に少し使いましたが、・・・・
by tachinon (2017-06-03 21:43) 

Lancelot

当時HC-20の広告を雑誌出見た時の驚きは今でも覚えています。大型のPCしかない時代に小型で液晶、記録用のマクロカセット、プリンターまでついてあのサイズ。さらにバッテリーで搭載で外に持ち出せ、カプラーで通信までできたまさに理想的なハンドヘルドPCでした。
by Lancelot (2017-06-05 13:28) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0